タグ別アーカイブ: ハイリスクハイリターン

資産運用の金利について比較調査してみました。

資産運用の為に金利について比較調査してみました。

資産運用 金利 比較をされている方へ。

日本人の平均資産額ですが、金融広報中央委員会(事務局・日本銀行)がまとめた
「家計の金融行動に関する世論調査」によると、2人以上の世帯の平均金融資産(預貯金や有価証券など)は1108万円で、前年(1150万円)より減っており、2年連続の減少となっています。

資産運用 金融 比較でお探しの方はご存じでしたでしょうか?

貯蓄額や資産額の場合、純粋に平均値を見てしまうと、
一部の高額資産保有世帯によって金額が大きく引き上げられてしまい、
実態と伴わない数字が出てきてしまうという場合があります。

資産運用 金利 比較にも関連する部分かもしれませんね。

中間層の実態を知るには平均値ではなく、
中央値を見るのが一般的で、額の多い方から数えた真ん中の世帯の額(中央値)が実感に
合った額を示しています。

平成24年のこの調査では、中央値が450万円となっています。

【資産運用 金利 比較について】
・三井物産や三菱商事の配当利回りは4%
・豪ドルの積み立てなども4%
・日本国の銀行で1~1.5%

どれも配当は1~数年レベルのものばかりで気が短い方などは、
正直じれったさは感じるのではないでしょうか。

資産運用の金利を比較したい場合は、
2種類で探してみる事をお勧めしたいと思います。

それは、不動産投資信託と株式投資の2種類になります。

不動産投資信託は比較的に4~8.5%程の高金利で尚且つ安定的に資産運用が可能となり、始めての方でもやりやすいのが特徴です。

賃料の収入を原資として年6回5%~7.5%の高金利で分配する「みんなで大家さん」の商品なども存在する。
ミドルリスク、ハイリターンと考えられ、資産運用においては高金利な商品と言えます。

株式投資は上場会社の株を購入して企業成果に応じた変動株式を換金するというもの。
投資先が多く=選択肢が定まらない事からハイリスク、ハイリターンな商品とも言える。
分かりやすくお伝えすると将来、株の価値、企業価値が上がりそうな株を安く購入しておいて、株価が上昇した時点で売却するという事である。

金融資産の内訳ですが、金融商品別にみると、預貯金(郵便貯金を含む)の構成比が56.9%と最も高く、追って生命保険が17.6%、
有価証券(債券・株式・投資信託)は13.2%となっています。資産運用 比較でお探しの方も参考になるかもしれませんが、
これらの金融商品の選択の際に最も重視していることは、「元本が保証されているから」が最も多い約3割、ついで
「少額でも預け入れや引出しが自由にできるから」約2割、「取扱金融機関が信用できて安心だから」の順となっています。

資産運用の金利について比較調査してみました。

[AD]投資用ワンルームマンション経営でゆとりある暮らしをしませんか?
株式投資勝利の法則

[AD]最新投資術の金字塔!
不動産ファンド,資料請求無料

Related Articles: